登山女子のぽんこつ日記~はじめての登山やコース、装備など~

登山のこと、山道具のこと、いろいろ紹介します。

宝剣岳 登山の難易度について

週末が近づくにつれて、読みにくい梅雨の天気をチェックしています。頭の中は山のことばかりが山積しています(山だけに)。

さて、今日は常念岳をやろうと先々週から狙っていましたが、常念岳は天気の良いときに絶景を見たいと思うから、宝剣岳をやることに。

私なりの答えは、岩峰登山は曇りや悪天候でもテンションが上がるし、技術が身に付くと勝手に思っています。 

あ、もちろん自分の身の丈に合った山に行きますが。

 

宝剣岳日帰り登山

2016年7月2日(土)

天気:曇り(ガス)、強風

f:id:chi-sk8:20160703101016j:plain

 

 

 

ルート

千畳敷~乗越浄土~宝剣岳ピストン~伊那前岳ピストン~木曽駒ヶ岳~千畳敷

 

ここは何度来たことでしょう。

本当に大好きな中央アルプスの主峰♪

厳冬期も真夏も、どんな季節にきても暖かい表情で私を迎えてくれます。

特に積雪期のモルゲンロートの美しさは「生きてて良かった~」と思わせてくれます。

 

早速バスに並びます。

登山シーズン前ですので、まだ5時からの便はありません。

7時が始発でしたので、お隣に並んだおじさまと情報交換をしたり、うとうとしたり。

例によってなかなかの行列ができています。

 

千畳敷に到着!

f:id:chi-sk8:20160703101145j:plain

ん!

あれ!?

外が真っ白です。

山岳警備隊の方からは、稜線は強風なので注意するようアナウンスがありました。

本当は極楽平から宝剣を攻める予定でしたが、視界不良のため、安全を優先し歩き慣れている乗越浄土から行くことにしました。

 

千畳敷カール

雪の無い千畳敷。

今日は乳白色の中に薄らお花畑が見えます。メルヘンの世界・・・と言いたいところですが、いささかガスが濃すぎます。

f:id:chi-sk8:20160703101448j:plain

 

 

 

つづら折りなので、雪山よりも時間がかかります。

とはいえ、お花を見たりしながら楽しく登ります。

f:id:chi-sk8:20160703101624j:plain

 

ハクサンイチゲ

f:id:chi-sk8:20160703101826j:plain

 

 

シナノキンバイ

f:id:chi-sk8:20160703102105j:plain

 

 

千畳敷に来るといつもそうなのですが、テンションが上がり過ぎて、出だしの緩斜面がかなりハイペースになってしまいます。

そのためちょっと息があがる。

 

少しペース落としながら、この後に備えます。

f:id:chi-sk8:20160703102408j:plain

 

 

おなじみのオットセイ岩が見えてきました。

f:id:chi-sk8:20160703102623j:plain

 

ここまでくればあと少し。

 

ガンバガンバ。

 

雪の下に埋もれていた階段もあります。

f:id:chi-sk8:20160703102744j:plain

 

乗越浄土に到着です。

f:id:chi-sk8:20160703102941j:plain

 真っ白&強風!!

そして寒い~(>_<)

 

宝剣岳・・・

f:id:chi-sk8:20160703103110j:plain

 何もかもガスの中。

 

とりあえずいきなりですが宝剣山荘でコーヒータイムとなりました。

f:id:chi-sk8:20160703103252j:plain

 

ストーブもあって暖かい。

コーヒー¥ 400

トイレ¥200 靴のまま入れます。

 

ヤキモキしながらしばらく外の様子を見ていたところ、宝剣から降りてきたらしきご夫婦(ヘルメットを被っていた)から情報をもらい、岩もそんなに滑らず、何より貸切状態とのこと!

 

よしっ!

おNewのヘルメットを被り、

chi-sk8.hatenablog.com

 

スリングで簡易ハーネスを作り、

宝剣岳、いざゆかん!

実際はハーネスでセルフビレイを取りながら登っていたら渋滞になってしまいますし、怖く感じてしまう場合はやめておいた方が良いと思います。

あくまでいざという時用です。

 

ちなもに私がいつも持参するのは定番のロックエンパイアの20mm幅の120センチスリングです。

ダイニーマ細いやつは身体に食い込むので、20mm幅が使いやすいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加