登山女子のぽんこつ日記~はじめての登山やコース、装備など~

登山のこと、山道具のこと、いろいろ紹介します。

剱岳 テント泊 ルート詳細と装備

剱岳 登山の難易度とコース詳細 一日目

 

登山をしない人でも「剱岳」という名前を聞いたことがある人は多いでしょう。

剱岳は、北アルプスの富山側、立山連峰にある標高2999mの山です。

小説・映画「剱岳~点の記」では、登頂の難しさが描かれ、立山信仰では「針山地獄」と称され、登ることが許されない時代があり、現代でも一般登山道では一番難しいとされています。

f:id:chi-sk8:20180816221203j:plain

 

 

 

昨年は悪天と融雪の状況から撤退してしまったので、今年はなんとかリベンジすべく、行ってきました。

www.chillpaine.com

 

剱岳 登山ルート

剱岳への一番メジャーな登山ルートは、

室堂→雷鳥沢→(雷鳥坂を登って)→別山乗越(剣御前小屋)

→剱沢(ここでテント泊)→剣山荘(小屋泊はこちら)→別山尾根→剱岳

になります。

 

剱沢までのコースタイム

室堂→雷鳥沢1:10

雷鳥沢→剱御前小舎1:35

剱御前小舎→別山0:35(近いので踏んできました)

別山→剱沢テント場0:50

※テント泊装備、写真を取りながらのペースになります。

 

剱沢までのアプローチ

立山~室堂

立山登山は、いつも富山側の立山駅から入ります。

長野側からは室堂までの移動時間が長いので、せっかちな私はこちらからです。

逆に時間があれば、扇沢(長野)から行くのも楽しそうですね。

 

立山駅から室堂までのアクセスはこちらを参考にしてください。

www.chillpaine.com

 

 

 

8月12日

 

f:id:chi-sk8:20180816183228j:plain

バスの始発に乗り込みます。

ザックはバスの荷室に入れますが、外付のピッケルや水物、壊れ物は車内に持ち込む必要があります。

ブナの森を登り、緩やかな起伏が続く高原を走り抜けます。

 

 

7:40室堂着

室堂は強風で真っ白なガスに包まれています。

ザックを担いでターミナル構内へ。

入口すぐのところで、登山届けを記入し提出します。

するとパートナーを頭痛が襲います。

高山病だ。

 

実は、立山には昨日着いて室堂まで行ったのですが、激しい頭痛と吐き気で、思いつくかぎりの対処法を試したのですが、改善せず、一度立山駅まで戻ってきたのでした。

しっかり休養し(と言っても車中泊なのですが)再チャレンジとなったのです。

昨日よりは症状も軽い様子で、鎮痛剤を飲み、1時間程身体を慣らします。

あまり改善しませんが、パートナーの判断で、雷鳥沢までゆっくり標高を下げてみることに。

f:id:chi-sk8:20180816183321j:plain

ゆっくり深呼吸しながら歩くことで、筋肉を動かし、血液に取り込んだ酸素を循環させつつ、同時に標高を下げる作戦です。

 

みくりが池まで標高を下げると、少し症状が良くなってきたようです。

f:id:chi-sk8:20180816183357j:plain

 

体調を聞き取りながら、さらにゆっくり進みます。

雷鳥荘を越える頃には、すっかり頭痛もなくなったようです。

眼下にはミニチュアの雷鳥沢。

別山乗越はガスに隠れています。

f:id:chi-sk8:20180816183519j:plain

 

雷鳥沢のテン場は、思っていたよりも空いています。

f:id:chi-sk8:20180816183454j:plain

ゆっくりした時間が流れる不思議な雰囲気のテン場です。

 

雷鳥沢~剱御前小舎

ここからが、いつもキツイ。

ひたすら登りが続く雷鳥坂です。

浄土沢を渡ると、戦いの始まりです。

f:id:chi-sk8:20180816183727j:plain

 

剱沢、いざ、ゆかん!

 

パートナーの高山病の症状が再発したらいけないので、いつもよりペースを落とします。

f:id:chi-sk8:20180816183830j:plain

ハイマツの間に白く引かれた爪先上がりの道を、ゆったりした気持ちで進みます。

 

振り返ると色とりどりのテントが並んでいる雷鳥沢が、どんどん小さくなっていきます。

f:id:chi-sk8:20180816183937j:plain

火山ガスの噴気がもうもうと立ち昇る地獄谷は、その一帯だけ別世界。

 

冷たい風が身体の熱気をさらってくれます。

f:id:chi-sk8:20180816184123j:plain

肩に食い込むザックの重さに、気合が入ります。

 

パートナーの調子を確認すると、グーサイン。

サプライズで隠し持ってきた虎屋の羊羹、夏限定バージョンをパートナーに食べさせて、元気付けます。

f:id:chi-sk8:20180816184239j:plain

 

 

明るい乳白色のガスと、緑の絨毯のコントラストがメルヘンな雰囲気を醸しています。 

f:id:chi-sk8:20180816184540j:plain

 

ひ~!きつい!

心肺も、太腿も。

こんな過酷な環境で綺麗な花を咲かせる植物の姿に勇気をもらいます。

f:id:chi-sk8:20180816184732j:plain

アキノキリンソウとチングルマの綿帽子。秋の気配を感じます。

 

f:id:chi-sk8:20180816185139j:plain

オヤマリンドウ。

 

顔を伝ってきた汗が、自分の吹く息で飛ばされます。

大きな岩の道になったら、乗越はもうすぐのはず。

f:id:chi-sk8:20180816184348j:plain

 

小屋の影が見えてきました。

f:id:chi-sk8:20180816184623j:plain

 

とどめの階段を登ると剱御前小舎に到着です。 

f:id:chi-sk8:20180816185336j:plain

 

すると小屋の裏側から楽しそうな笑い声が・・・向かってみると・・・

f:id:chi-sk8:20180816185419j:plain

!!!昨年ジャンダルムで出会ってご一緒させていただいたGABOさんファミリーと再会です!

gabotiti.hatenablog.com

 

剱御前小舎~別山

パパさんは訳あって腰を痛めているそうですが、剱沢まで行くそうです。

シェルパ君は相変わらず歩荷並の重量を背負っています。

ママさんもザックonアタックザック!

再会の喜びを分かち合い、「ここから剱沢まではずっと下りだから楽ですよ」と教えてあげます。

すると、パパさんから「せっかくだから別山踏んでから行こうよ♪」とお誘いが・・・。

『いや、ガスってるし、別山は積雪期にやってるので、私たちは先に降りてテン場を確保・・・』と丁重にお断りしようと思ったら、

「ハイッ!行きます!」とパートナーが勝手に快諾しています(泣)

あんた頭痛は大丈夫なのかい?

高山病だって言うから水モノ全部私が背負ってるんだから!(怒)

 

なんて考えながらも、皆で行動できるワクワク感で、気がついたら登り始めていました。

f:id:chi-sk8:20180816214011j:plain

 

あいにくのガスですが、ゴリゴリし岩の感触を足の裏に感じ、ハイマツが点在する尾根歩きは気持ち良い。

後ろの方からは『お姉ぇ~歩きぃ~♪お姉ぇ歩きぃぃ~♪』と不愉快な唄が聞こえてきます(笑)。恐らく「尾根歩き」のことでしょう。

剱御前小舎から25分で剱沢方面の分岐のコルです。

f:id:chi-sk8:20180816214142j:plain

 

映画「剱岳~点の記」のワンシーンではここで撮影されたそうで、ここから見える剱岳がかっこいいんですが、何も見えません。

f:id:chi-sk8:20180816214456j:plain

 

本当ならここで荷物をデポして、別山まで10分なのですが、何故かザックを背負ったまま進みます(苦笑)。

あっという間に別山頂上です。

f:id:chi-sk8:20180816214613j:plain

 

ガスの静かに移り動く中に見え隠れする岩や残雪が、夢の断片のようです。

 

別山から剱沢

さあ、剱沢まであと少し。

 

f:id:chi-sk8:20180816214701j:plain

先ほどの分岐まで戻り、さらに剱沢を目指して下っていきます。

 

ガレガレの道は、重たい装備では歩きにくいですが、目をやる度に近づいてくるカラフルなテント場が励みになります。

 

f:id:chi-sk8:20180816214755j:plain

 

一年振りに剱沢に帰ってきました。

テント場の概要はこちら↓

www.chillpaine.com

剱岳を目の前に、標高約2500m。周囲を岩峰に囲まれたテント場は、刻々とガスが流れ込み、神秘的な雰囲気。

剱だけ青黒く、彫りの深い表情で鎮座しています。

あんな山、どこにどうやってルートを見出したのだろうか。

f:id:chi-sk8:20180818005506j:plain

 

 

幕営のスペースを確保したら管理小屋で受付をします。

f:id:chi-sk8:20180816215017j:plain

 

剱沢テント場 売店

我が家はいつものライペンのエアライズ3。

グランドシートはタイベックシートを必要なサイズに切ったものを使っていいます・・・しかーし!!

広げてみると、切れ端の小さい方を持ってきてしまいました。途方に暮れていたらお隣のGABO父さんから予備のグランドシートを貸してもらえました♪

目印のタルチョを張ったら完成です!

f:id:chi-sk8:20180816214945j:plain

  

さて、剱沢のテント場には売店はありません。

水場は、沢水を塩素消毒した飲用可能な水場と、沢水が直接引いてある水場(こちらは要煮沸)があります。

飲み物やカップラーメンは5分程、谷を降りた剱沢小屋まで買いにいきます。

しか~し!

最近悪天候の為、ヘリの荷揚げが出来ず、ウイスキーしかないそうです(泣)

さらに30分程下った剣山荘まで行けばいろいろ買えるそうです。

 

f:id:chi-sk8:20180816215341j:plain

テントに戻り、悩みますがコーラの禁断症状が出てきました(笑)

こりゃもう行くしかない!往復1時間の剣山荘まで、アタックザックを背負い、

いざ、ゆかん!

 

f:id:chi-sk8:20180816215127j:plain

剣山荘までは、下りです。

ということはまたここを登ってこなければいけないのかぁ、とちょっぴり後悔します。

 

途中に雪渓を3ヶ所渡ります。

しっかりトレースがありまので、アイゼンは必要ありませんでした。

 

f:id:chi-sk8:20180816215421j:plain

それでも雪渓の下が雪解けの沢になっていますので、岩の周囲は下が空洞になっていますので、踏み抜かいないように注意が必要です。

また朝晩は溶けた雪がツルツルになっていますので滑らないように。

雪渓はつい足元ばかり見てしまいますが、融雪が進むにつれて落石の危険もありますので、上部も確認しながら進みます。

 

以外と遠い。

心が折れ始めたとき、岩の間からなにやら出てきました!

 

オコジョだぁ~♪

f:id:chi-sk8:20180816215640j:plain

 

こんなに可愛いのに、昔の猟師はオコジョを見ると不吉の前兆と考えていたそうです。

オコジョはオスとメスで倍近く身体の大きさが違います。

このコは大きさ的にたぶんメスかな?

f:id:chi-sk8:20180816215920j:plain

 

 

オコジョに励まされ、剣山荘、到着!

f:id:chi-sk8:20180816220139j:plain

入口を開けると、冷蔵庫にコーラ、アクエリアス、お茶、オレンジジュース、牛乳まで!

もちろんビールもあります。

飲み物の宝庫じゃ~!

もちろん念願のコーラをゲット!

まずはその場で1本飲み干します(苦笑)

f:id:chi-sk8:20180817114719j:plain

 

あとはテン場でゆっくり楽しむぶんを購入♪

歩いた甲斐がありました。

さて、帰りは登りです。

疲れた足腰にはなかなか堪えますが、コーラパワーで戻ります。

 

f:id:chi-sk8:20180816220232j:plain

 

おすすめ夕食レシピ

お隣のGABOさんファミリーが持ってきた電気ショックゲームをやったり(なんで腰痛めてるのにこんなモノ持ってきたのか?)、談笑して過ごします。

『せっかく山に来たんだから、ゆっくり歩いて楽しまないと―――』と言ったGABO父さんの言葉がとても印象的でした。

思えば私の登山は、のほほんとしていながらも、テン場の確保を重視したり、やっぱり登頂にこだわっている部分もあり、コースタイムを気にしすぎている部分がありました。仕事ではないんだから、楽しまなきゃなと、つくづく思いました。

 

今回の山行は、天気が微妙な為、予備日を多くとってありますので、そのぶん食料にも工夫という名の手抜きが必要です。

今夜は、ミートソースパスタです。

f:id:chi-sk8:20180816220311j:plain

パスタは、サラダ用の細いもの。

理由は少ない水で、短時間で茹でられるからです。

茹で上がったら、温めないでそのまま使えるレトルトのミートソース。

キューピーのコレは、味が濃い目なので、味覚が鈍麻する標高の高い場所にバッチリです。

 

明日の天気は、午前中に雨が上がる予報です。

www.chillpaine.com

Mountain forecast、ヤマテン、てんくら、SCW、どれも同じ。

回復が遅れる場合は、一日停滞します。

 

歯磨き、トイレを済ませ、寝る準備。

歯磨きは環境破壊しないオーラルピースというものを使いました。

f:id:chi-sk8:20180816220606j:plain

 

 

テント泊の装備

シュラフはモンベルのバロウバッグ#3

ダウンに比べ重たいですが、連泊の雨濡れでも保温するので信頼しています。

 

インサレーションはパタゴニアのナノパフ。こちらもプリマロフトなので濡れても保温します。

 

翌日そのまま着るTシャツと下着に着替え、ユニクロのリラコ(ステテコ)でシュラフ内のサラサラ感にこだわります。

 

汗をかいた身体は自作の重曹スプレーで清拭します。

www.chillpaine.com

 

これで寒いこともなく、快適に眠れました。

 

明日のアタックルートをイメトレしながら、眠りにつくのでした。

f:id:chi-sk8:20180816220431j:plain

 

 剱岳アタック編につづく

 

www.chillpaine.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加