登山女子のぽんこつ日記~はじめての登山やコース、装備など~

登山のこと、山道具のこと、いろいろ紹介します。

パタゴニア

雪山最強のグローブ!「防寒テムレス」と「スプリンゲン・トリガーミトン」比較

雪山登山のおすすめグローブ!

f:id:chi-sk8:20200102171013j:plain

※場所は年末木曽駒ケ岳。

 標高2612mから2956m。

 気温 -1℃~-10℃

ベストはウール+オーバーグローブ!

雪山登山のグローブ選び、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

私もこれまで色々試してきました。 

結論から言ってしまえば、未脱脂ウールの手袋にゴアテックスのペラペラのオーバーグローブの組み合わせには敵いません。

 

寒い場合には薄いウールのインナー手袋を追加したり、ミトン型のオーバーグローブを追加すればどんな環境でも対応できます。

このセットを予備として必ず持って行きます。

ビバーク中に手袋が凍ってエライ目に合ったことがあります。

 

お気に入りは防寒テムレス 

私はここ数年防寒テムレスを愛用しています。

山岳警備隊も使っているくらい信頼のグローブ!

パタゴニアの公式ホームページの動画にも出ています。

ウレタン製で-60℃でも硬化しないそうです。

防寒性も防水性もバッチリで、作業性も完璧です!

価格も2000円ちょっとなので、劣化してもすぐに買い替えできます。

実際頻繁に使用していると、一体型のインナーボアが剥離して、脱ぐときに外に飛び出してきます。

 

今回は新発売のブラックカラーを試してみました。

f:id:chi-sk8:20200102171158j:plain

 

ブルーよりスタイリッシュな気がします。

個人的には山では青のほうがシブイ!

スキーでは黒ならゲレンデでも浮かない、と勝手に使い分けています(苦笑)

f:id:chi-sk8:20200102171244j:plain

今回は気温マイナス10℃程。

インナーに薄手のウールの手袋を装着しています。

f:id:chi-sk8:20200102172819j:plain

 

 タッチパネル対応で、薄手ですが温かいので、風が無い日差しのある行動中などはこれ一枚で過ごすこともあります。

難点は耐久性。マジックテープですぐに破れたりします(泣)

 

このぐらいの気温で、行動中であれば、テムレスだけでもピッケルの冷たさも感じません。

さらに気温が低いときは、サイズを上げて、厚手のウールのインナーを追加します。

ちなみにサイズはLサイズを使用しています。

 

操作性は、カメラで実験。

f:id:chi-sk8:20200102172742j:plain

小さな電源ボタンも慣れれば問題なく押せます。

シャッターは楽勝。

 

他、アイゼンを装着したり、ザックのバックル、ハードシェルのジッパーなど、細かな作業も得意です。

 

また、ゴムの表面がザラザラしているので、テントに着いた雪や霜を擦り落とすのも便利です。

 

※注意!

 ・もちろん予備にはウールの手袋とオーバーグローブを必ず持って行きます。

 ・クライミングには使用できません。ビレイデバイスに食い込む事故があったそうです。

 

テムレスのライバル、「スプリンゲン・トリガーミトン」

続いてスプリンゲンのトリガーミトンをレビューします。

f:id:chi-sk8:20200102172904j:plain

実はこれはスキーで使用していたのですが、かなり調子が良いので、雪山に投入してみました。

パートナーは山行通してコレを使いましたが、快適だったそうです。

テムレスと同じくポリウレタン製で透湿性も変わらないそうです。

 

一番の特徴は、人差し指が独立したミトン型。(トリガーミトン)

ピッケルも普通に掴めます。

f:id:chi-sk8:20200102172953j:plain

操作性を犠牲にせず、中指~小指がミトンになっていることで、温かさが全然違います。

親指、人差し指が冷たくても、他はポカポカ。やはりミトン型は効果があるんですね。

 

そして、このグローブはインナーが脱着できますので、濡れてしまっても、インナーだけ別のものに交換し、濡れたインナーを服の中で乾かすことも可能です。

もちろん洗濯も可能!

 

雪山をやる人なら「VBLシステム」という名前を聞いたことがあると思います。

簡単に説明すると、透湿性のないグローブや靴下で、内部の湿度を飽和状態(びちょびちょ)にすることで、それ以上発汗せず温度が下がらないというもので、極地で使用されているシステムです。

しかし手袋を外した瞬間に凍りますので、一般人には難しいシステムと言えます。

 

確かにニトリル手袋(薄い使い捨てビニール手袋)の上に、タフレッド(作業用の背抜きポリウレタンコート手袋)の組み合わせはかなり温かいですね。←宝剣山荘のスタッフさんに教えてもらいました。

 

このVBLシステムのグローブ、山岳スキーヤーの新井裕巳(故)さんが作ったのですが、その原型がなんとこのスプリゲン・トリガーミトンなのです。

 

作業性をカメラで試す。

f:id:chi-sk8:20200102173022j:plain


 

インナーと別体のぶん、厚さがあるので、テムレスには劣りますが、慣れれば使えます。

また、テムレスに比べ、表面はツルツルなので、グリップはテムレスに軍配が上がります。

 

価格は4000円ちょっと。

サイズ展開は最大がLまでですが、私の場合はテムレスのLとトリガーミトンのMが同じくらいでした。

カフ部分はトリガーミトンの方が狭く、雪の侵入にも効果がありそうです。

 

細かなサイズ表記がなかったので、メーカーに問い合わせました。


丁寧に表まで提供してくださり、他にもいろいろ相談に乗ってくれて、親切でした。

 

テムレスとトリガーミトンの比較

<温かさ>

テムレス・・・・・・〇

トリガーミトン・・・◎

 

<操作性>

テムレス・・・・・・◎

トリガーミトン・・・〇

 

<価格>

テムレス・・・・・・◎

トリガーミトン・・・〇

 

<洗濯>

テムレス・・・・・・×

トリガーミトン・・・〇

 

結論

f:id:chi-sk8:20200102173136j:plain

比較的暖かいところではテムレス、寒いところではトリガーミトンと使い分けると良いと思います。

 

でも必ず予備は持たないと怖いですね。(実際に手袋が凍った経験上)

このエントリーをはてなブックマークに追加