登山女子のぽんこつ日記~はじめての登山やコース、装備など~

登山のこと、山道具のこと、いろいろ紹介します。

パタゴニア

【テント修理】 ポール ショックコードの交換 これで完璧!

テントポール ショックコードの交換方法

 

テントポール(フレーム)のショックコードは使っているうちにどんどん伸びてしまいます。

伸びたままだと設営に時間がかかってしまいますので、定期的に交換が必要です。

私の愛用テントはアライテントのエアライズ3。

強風でも厳冬期でもびくともしない信頼できる相棒です。

f:id:chi-sk8:20200912182704j:plain

 

 

必要な道具・材料

f:id:chi-sk8:20200912182749j:plain

<新しいショックコード>

 

山道具屋さんで売っています。

太さが分からない場合は、古いコードの切れ端を持って行くと良いと思います。

私のエアライズは3mmでした。

 

<ハサミ>

ショックコードを切るのに使います。

裁ちばさみを使うと、切れ味が悪くなってしまって、お母さんに怒られるので要注意です(笑)

 

<ペンチ>

ラジオペンチでもなんでもOK

端のエンドチップを外すのに使います。

固着していたり、手汗で滑るので必要です。

お父さんに借りると、「手伝ってやるよ」と気合の入りすぎたお父さんにポールを壊されるので弁償してもらいましょう。

おじいちゃんにペンチを借りたら・・・(もういいか)

 

<定規とかメジャー>

ショックコードを測ります。

 

<めがねクリップ>

ショックコードを固定するのに使います。

固定力の強いやつが良いと思います。

 

交換手順①長さを測る

まずは、必要なゴムの長さを測ります。

ポールを全部繋げると邪魔なので、畳んだまま1本を測ります。

f:id:chi-sk8:20200912182816j:plain


 

エアライズ3は約40cm

 

ただし、エアライズも1、2、3によって長さが違いますし。

年代によって(色が違う)も長さが違うので、実物を測ります。

 

ちなみにアライテントは、ポール単体で売っていますので、曲がってしまったり折れてしまっても購入可能です。

 

ポールは全部(片方)で11本ありました。

40cm×11本=440cmです。

実際は両端のエンドチップの着く2本はちょっと短いです。

 

必要なショックコードは諸説あります。

 

・全長より20cm程短く

・全長の7割

など。

ポール節の数や、ゴムのテンションによって違いますので、あくまで目安です。

 

エアライズ3の場合は、8割~9割が良さそうです。

 

POINT

短くしすぎると、設営時に勝手にポールが連結されて暴れてしまいます。

もし雪上だったら、ポールに雪が付いて、翌朝凍って撤収できない!なんて事態になってしまうので、あまり強くしない方がおすすめです。

 

交換の手順①

f:id:chi-sk8:20200912182849j:plain

だるんだるんに伸びて切れかかっています。

ダメだこりゃ。

 

 

エンドチップを取り外します。

頭をペンチで掴み、回します。

f:id:chi-sk8:20200912183320j:plain

ネジと同じ反時計回りで外れます。

 

同じエアライズでも、年代によって差し込むだけのものもあります。

まずは回してみれば、どのタイプかわかると思います。

ポールに凹んだポッチがあればネジタイプです。

 

f:id:chi-sk8:20200912183347j:plain

 

途中まで緩んだらあとは手で外します。

 

外れたらコードをハサミで切ります。 

f:id:chi-sk8:20200912183412j:plain

 

エンドチップは小さいので無くさないように注意しましょう。

我が家の秋田犬に見つかったら、きっとおもちゃだと勘違いしてどこかに持ち去るに違いない。

 

同じく反対側のエンドチップも取り外してコードを切ります。

 

交換の手順②

古いコードを抜き取ったら、新しいコードをエンドチップに結び付けます。

f:id:chi-sk8:20200912183553j:plain

結び方はハーフヒッチで。

 

POINT

エンドチップの穴に通して結び目だけで留める方法もありますが、

ハーフヒッチの方は、ポールの中への収まりが良いです。

 

結び付けたらコードをポールに通していきます。

 

あれ!?

どれが端のポールかわからない!!

となっても安心してください。

エンドチップを取り付けるポールは他の物より短いのですぐに判別できます。

右側2本が短い。

f:id:chi-sk8:20200912183829j:plain


 

そして、エンドチップを取り付ける側には、先ほど紹介した

f:id:chi-sk8:20200912183756j:plain


凹みがあります。

 

この凹みがエンドチップのネジに噛んで締まる構造のようです。

 

PONT

締めこみは手の力だけで問題ありません。

締めすぎると、ポッチをナメて壊してしまうので要注意です。

 

交換の手順③

ショックコードの長さを調整してカットします。

 

先に長さを測った通り、ポールの全長の8割が約352cmでした。

元々のショックコードは5mでしたので、

500cm-352cm=148cmカットします。

 

コードを買う前に計算しておくべきでした。

余ったゴムはフライのテンションコードを交換するのに使おう。

 

POINT

好みのテンションに調整するので、先にカットするならポールと同じ長さを購入しておけば間違いなく、それほど無駄も無いと思います。

 

148cmカットすると、切り位置がポールの中になってしまいますので、引っ張ってクリップで固定します。

f:id:chi-sk8:20200912183929j:plain

固定したら、エンドチップを結び付けます。

 

POINT

このときはまだカットしません。

エンドチップを結び付けたら、そのままポールを畳んだりして、テンションの加減を見ます。

8割でもちょっと強い感じでしたので、もう少し緩めました。

 

位置が決まったら、カットして、切り口がほつれないように、ライターで炙って、軽く指でつまみます。

ヤケドしないように気を付けてくださいね。

f:id:chi-sk8:20200912184011j:plain

 

最後に締めこんだら完成です!

f:id:chi-sk8:20200912184052j:plain


 

裏技とまとめ

裏技という程でもないのですが、2本あるポールのショックコードの色を変えると、設営が早いです。

2本まとめて束ねてあるので、設営時にどっちがどっちだかこんがらがって、ただでさえ疲れている設営時にイライラしないで済みます(苦笑)

 

YouTubeにも交換手順をアップしましたので参考にしてみてください。

よろしければチャンネル登録もよろしくお願いします。

www.youtube.com

www.youtube.com

テント本体の修理の記事はこちら↓

www.chillpaine.com

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加