登山女子のぽんこつ日記~はじめての登山やコース、装備など~

登山のこと、山道具のこと、いろいろ紹介します。

新室堂乗越 剱岳ルート詳細

剱沢テント泊 下山編

 

f:id:chi-sk8:20181006193102j:plain

昨日は剱岳に登頂し、剱沢で一泊しました。

 

www.chillpaine.com

今日は名残惜しいですが下山です。

下山はいつも別山乗越から雷鳥坂にルートを取るのですが、今回は新室堂乗越を下りました。

 

剱沢ののんびりした雰囲気の中、テントの撤収もゆっくりテントを乾かしながら。

振り返るとずっと剱が鎮座しています。

f:id:chi-sk8:20181006192715j:plain

今回は飲み物は剱沢小屋も売り切れで、剣山荘までいかなければいけませんでしたが、大好きなテン場の一つです。

今回は三泊しましたが、飽きることのない空間です。

 

登ってきたときよりもなぜか大きくなるザック。

 

f:id:chi-sk8:20181006192836j:plain

不思議現象はいつものことですね(笑)

 

剱沢から別山乗越まで

 

まずは別山乗越まで、緩やかな上り道です。

f:id:chi-sk8:20181006193229j:plain

 

時々振り返り、剱の姿を五感で記憶します。

f:id:chi-sk8:20181006193312j:plain

 

 

すると・・・!!!

 

f:id:chi-sk8:20181006193338j:plain

 

雷鳥発見。

f:id:chi-sk8:20181006193406j:plain

オスでしょうか?

 

パートナーはアタックで負傷した膝の痛みが強いようで、珍しくポールを使っています。

緩やかな登りは、晴れていると剱沢が一望できるので足取りも気持ちも軽くなります。

f:id:chi-sk8:20181006193747j:plain

 

50分で別山乗越に到着しました。

f:id:chi-sk8:20181006193627j:plain

 

剱御前小舎で追加の飲み物を購入します。

f:id:chi-sk8:20181006193820j:plain

 

ここから雷鳥沢まではトイレがありませんので、ここで済ませます。

トイレの横をまわり、新室堂乗越へ向かいます。

 

別山乗越から新室堂乗越まで

ハイマツの中に引かれた白い道を進みます。

 

f:id:chi-sk8:20181006193942j:plain

 

いつもと違う角度から見下ろす雷鳥沢。

こうして色々なルートを歩くと、立山のイメージが頭の中で立体化していきます。

f:id:chi-sk8:20181006194549j:plain

今日も地獄谷は絶好調です。

もうもうと噴気が立ち上ります。

 

ずっとつづく緩やかな稜線。

f:id:chi-sk8:20181006194718j:plain

 

砂利が滑るので、なかなか消耗します。

f:id:chi-sk8:20181006194815j:plain

 

パートナーの膝には雷鳥坂の方が良かったか・・・。

苦悶の表情を浮かべています。

 

大日連山を望みながら、緑の絨毯を進みます。

f:id:chi-sk8:20181006195043j:plain

 

このルートはとにかくお花が多いのが特徴です。

f:id:chi-sk8:20181006194856j:plain

人も少なく、ゆっくりとお花の写真を撮ることもできます。

f:id:chi-sk8:20181006195149j:plain

 

下りでは、テント泊装備でザックの重量がある為、私の場合はブレーキが効かず滑るので、コースタイムより時間がかかります。

 

室堂乗越の広場に到着しました。

f:id:chi-sk8:20181006195303j:plain

  

このままカガミ谷乗越までなら行けるかな?

そしたら奥大日岳の全容が見られるなぁ、と誘惑が出てきますが、素直に雷鳥沢への分岐に降ります。

 

新室堂乗越から雷鳥沢まで

 

ガレガレのイヤラシイ道に足を取られます。

f:id:chi-sk8:20181006195457j:plain

 

上の方では秋の気配で綿帽子になっていたチングルマも、ここまで降りるとまだ元気です。

f:id:chi-sk8:20181006195351j:plain

 

ある程度降りてくると、木道になります。

ずっと岩道を歩いていたので、足の裏の感覚の変化に寂しさを覚えます。

f:id:chi-sk8:20181006195602j:plain

この木道が要注意です!

 

木道の端まできたとたん、バカーン!と木道がシーソーのように後ろが持ち上がり、後続のパートナーの脛を直撃してしまいました。

どうやら片側の固定が外れていたようです。

ひっくり返って脛を抱えるパートナー・・・。

痛めた膝と逆の脛まで負傷してしまいました。

痛みは大丈夫そうなので、慎重に進みます。

 

浄土川の流れに遡って、橋まで向かいます。

f:id:chi-sk8:20181006195655j:plain

さらさら流れる水がとても気もち良さそうです。

ザックを下ろし、冷たい水で顔を洗います。

山行の疲れと、下界が近づくに従って現れてきた憂いの予感が、浄土側に流されていきます。

f:id:chi-sk8:20181006200022j:plain

 

橋を越え、

f:id:chi-sk8:20181006200123j:plain

 

雷鳥沢のテント場です。

盆も過ぎ、ひっそりと並んでいる色とりどりのテント。

ゆっくりした時間が流れています。

f:id:chi-sk8:20181006200200j:plain

はぁ、もう一泊したいなぁ・・・。

ヒュッテで温泉に浸かって、もう一泊。

立山に囲まれて過ごす夜も素敵だろうなと思いますが、進まなければ(泣)

 

雷鳥沢から室堂平まで

 いつも思うのですが、ここからが一番キツイ!

連続する階段地獄に観光客からの視線。

f:id:chi-sk8:20181006200833j:plain

何が?って観光客から「すごいねぇ、大きなザックだねぇ」なんて言われることが多いので、休むわけにもいきませんし、ペースを落とすことも許されません(笑)

 

いつもの裏技は、「あそこの景色撮ったら?」とパートナーに言うことで、撮影休みができるのですが、こんなときに限ってパートナーは「別にいい」と・・・。

天気図や登山地図は読めるのに、空気が読めないですね(怒)

 

ヘロヘロで雷鳥荘。

f:id:chi-sk8:20181006201353j:plain

 

みくりが池もガスで残念。

f:id:chi-sk8:20181006201416j:plain

天気が良いと、まるで天国のような景観で楽しませてくれます。

www.chillpaine.com

 

ヘトヘトになりながら室堂に到着です。

f:id:chi-sk8:20181006202223j:plain

 

今回のご褒美は、

さらさら汁!

f:id:chi-sk8:20181006202328j:plain

 

そしてソフトクリーム

f:id:chi-sk8:20181006202439j:plain

 

シメは 肉巻きおにぎり串

f:id:chi-sk8:20181006202409j:plain

 

 シメの順番がおかしいのは自覚しております(苦笑)

 

まとめ

新室堂乗越ルートは、お花がたくさん咲いていて、のほほんとした雰囲気が魅力です。

下山では予想よりも時間がかかってしまいましたが、装備が軽く、砂利道の下りが得意な人なら問題ないと思います。

またこのルートを使う人も少なそうですので、渋滞になりにくい印象がありました。

f:id:chi-sk8:20181006203028j:plain

いらっせ剱岳!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加