登山女子のぽんこつ日記~はじめての登山やコース、装備など~

登山のこと、山道具のこと、いろいろ紹介します。

木曽駒ヶ岳 巻き道と巡礼登山 テント泊 8月

木曽駒ヶ岳 テント泊 8月

 

2017年8月17日(木)~19日(土)

 

f:id:chi-sk8:20170824182538j:plain

先日のジャンダルムから下山し、そのまま富山へ。

ビジネスホテルのコインランドリーで山の服を洗濯し、剣岳へ!

 

 

 

chi-sk8.hatenablog.com

 

の、はずが。

天気予報は、雨、雨、雨。

chi-sk8.hatenablog.com

 

東日本は不安定な天気が続いているようで、他に行けそうな山を探します。

 

そうだ!木曽駒へ行こう!

 

というわけで木曽駒に行ってきました。

年間パスポートも持っているし、剣5泊分の装備もあります。

 

8/15、夜。

菅の台バスセンター駐車場着。こまくさの湯で汗を流す。

そして車中泊。シートがフラットにならないので背中が痛い。

 

8/16、早朝起床。

外は強い雨。天気予報を見ると一日強い雨。木曽駒ヶ岳もガスに包まれています。

バス停もいつもなら行列なのに閑古鳥が鳴いています。

う~ん・・・。ジャンダルムの疲れもあるしなぁ・・・。

とりあえず、こまくさの湯へ。

食堂でソースかつ丼を食す。

その後休憩室でお昼寝。

夕方、また風呂へ。

そして休憩室へ。パートナーとも、もはや話すネタがない。

21:00閉店なので車へ。

そして車中泊。背中と腰が痛い。

幸い涼しいので、寝苦しくはない。

 

8/17、5:00起床

f:id:chi-sk8:20170824175105j:plain

この日はバスの始発が6:15。すでに行列ができています。

行列の待ち時間に、夏期のみ設置される登山届のポストへ提出。

もちろん普段通り千畳敷でも提出できます。

 

急いで支度し、臨時バスの2便目に乗車。

ロープウェイで千畳敷へ。

 

f:id:chi-sk8:20170824175149j:plain

 

外へ出ると・・・

f:id:chi-sk8:20170824175207j:plain

やった~!

相変わらずの景観です。お花畑も先月より増えています。

chi-sk8.hatenablog.com

 

二晩の車中泊で背中がガチガチになったし、「こまくさの湯」の店員さんから怪しまれながらこの日を待った甲斐がありました。

 

会社の上司のもらったテント内用のお気に入りのソーラー発電のライトは、夏休みの連日登山でも活躍してくれます。こんなふうに雨蓋の上で充電します。

f:id:chi-sk8:20170824175136j:plain

 

おもしろルートの紹介

千畳敷から乗越浄土(八丁坂)

今回は宝剣山荘のお姉さんが取材を受けた、ランドネ9月号の『神様百名山を旅する』という連載記事に影響され、木曽駒のお社もいろいろ巡礼してみようと思います。

まずはロープウェーの安全を祈願するために祭られている信州駒ヶ岳神社。

f:id:chi-sk8:20170824175217j:plain

 

f:id:chi-sk8:20170824175224j:plain

 

すると、偶然宝剣山荘のお姉さんがいました!

背負子には大量の荷物が。これから歩荷するんだそうです。

嵩がありすぎて括りきれなかったトイレットペーパーは、イケメンのお兄さんが下りてきて歩荷します。

先週はとてもお客さんが多かったそうで、23日のヘリの荷上げまでにいろいろと不足するものがあるそうです。

 

すごいなぁ。かっこいいなぁ。

八丁坂をお姉さんに着いていきますが、ぜんぜん追いつけません。

休むことなく、一定の速度で登り続けています。

 

涸沢ヒュッテの山口さんといい、本物の山の人は全然違うんですね。

chi-sk8.hatenablog.com

 

こういった姿を見ると、山荘のトイレットペーパーも無駄に出来ないなぁと思います。

それに、私はいつもテン泊なので、もっと何か宝剣山荘や頂上山荘に貢献しなければと思います。

 

f:id:chi-sk8:20170824175239j:plain

 

小屋のスタッフさんは「お客さんが楽しく安全に登ってくれるのが一番嬉しい」といつも言って下さいます。

私たち登山者にとっても、山荘がある安心感や、登山道の整備まで。だからこそ、楽しく山に登れるんですよね。

私たちにとって、山荘の存在は無くてはならないものですよね。

 木曽駒の平和と未来を守るため、さぁ、ガンガン登ります!

f:id:chi-sk8:20170824175336j:plain

 

ベニヒカゲとの出会い

途中、私の汗と涙の染み込んだザックのベルトに蝶がとまりました。

ベニヒカゲという準絶滅危惧種のちょうちょです。

ブローチのようにくっ付いたまま全然逃げない。

「仕方ないなぁ。」一緒に登ってあげます。

f:id:chi-sk8:20170824175249j:plain

 

 

いつも宝剣岳を見上げるオットセイ岩。

f:id:chi-sk8:20170824175415j:plain

 

振り返ると天然広角!

f:id:chi-sk8:20170824175407j:plain

 

もう雪は無くなって、歩きやすい。

f:id:chi-sk8:20170824175353j:plain

 

お花もたくさん咲いています。

 

f:id:chi-sk8:20170824175304j:plain

 

f:id:chi-sk8:20170824175450j:plain

 

冬はガチガチで怖かったポイントが見えます。

f:id:chi-sk8:20170824175439j:plain

chi-sk8.hatenablog.com

 

空は抜けるように青く、雲は躊躇いながら、天頂の所々に浮いています。

f:id:chi-sk8:20170824175514j:plain

 

 

乗越浄土に到着です。 f:id:chi-sk8:20170824175526j:plain

 

牧歌的な雰囲気の稜線が魅力の伊那前岳

f:id:chi-sk8:20170824180544j:plain

 

天空を突き刺す宝剣岳

f:id:chi-sk8:20170824175548j:plain

 

中央アルプスの主峰、木曽駒ヶ岳と前衛峰の中岳。

f:id:chi-sk8:20170824175621j:plain

赤い屋根がかわいい天狗山荘と。

 

その完璧なロケーションのど真ん中に位置する家庭的な雰囲気の宝剣山荘。

f:id:chi-sk8:20170824175853j:plain

 

宝剣山荘で力持ちのお兄さんにご挨拶します。

下界は臨時バスが出ているとお伝えしたら、気合を入れていました。

 

ドコモのアンテナでさえ青空に映え、陶器でできたアートピースのようです。

f:id:chi-sk8:20170824175630j:plain

 

f:id:chi-sk8:20170824175725j:plain

 

f:id:chi-sk8:20170824175703j:plain

 

 

さぁ、ここからが今回のテーマ、いつもと違うルートの紹介です。

良く知られているのは、八丁坂~中岳~木曽駒ヶ岳のルートです。

もっと違った景色のルートがありますので、何度来ても楽しめるのが木曽駒ヶ岳。

 

乗越浄土~中岳巻道

中岳は木曽駒と宝剣岳と伊那前岳が見渡せて、とても素敵な場所なのですが、今日は巻道を紹介します。

 

f:id:chi-sk8:20170824175733j:plain

この巻道は、通称「夏道」と言うらしいです。

ケルンのある分岐を左に進みます。

 

f:id:chi-sk8:20170824175749j:plain

所要時間は中岳を超えるより5分ほど短いです。

 「難所あり 積雪期閉鎖」の表示があります。

 

途中、崖をトラバースしますので、ちょっと危険なルートになります。

特に天候が悪いと、ガスで視界不良になり、踏み外して滑落してしまったり、谷から強風が吹きますので、バランスを崩して滑落してしまうので、要注意です。

 

f:id:chi-sk8:20170824175804j:plain

 

落ちたら最低でもヒドイ目に会うでしょう(怖)

f:id:chi-sk8:20170824175837j:plain

 

重いテン泊装備だとアップダウンが少ないので楽なのですが、バランスを崩さないように進みます。

 

f:id:chi-sk8:20170824175816j:plain

 

足場が狭い。

f:id:chi-sk8:20170824175914j:plain

 

f:id:chi-sk8:20170824175924j:plain

 

軽く登ったり

f:id:chi-sk8:20170824180025j:plain

 

下ったり

f:id:chi-sk8:20170824180130j:plain

 

木曽方面も晴れ渡っています。

青空は稜線ギリギリで薄く煙っています。

f:id:chi-sk8:20170824180046j:plain

 

 

途中から振り返ると、地獄谷が見えます。ずっと眺めていると、このゴツゴツした山肌に流れてきたガスが当たって、岩の凹みに所々ガスが散り散りに残ります。

刻々と変化するこの景色が好きです。

 f:id:chi-sk8:20170824180317j:plain

 

水玉のついたお花

f:id:chi-sk8:20170824180141j:plain

 

もうちょい

f:id:chi-sk8:20170824180204j:plain

 

あっという間に頂上山荘。

f:id:chi-sk8:20170824180255j:plain

 

 

テントはまだ少なく、いつものお気に入りの場所に設営できました。

f:id:chi-sk8:20170824180341j:plain

 

 

目印のタルチョを張ったら、頂上山荘でおでんとモツ煮をいただきます。

f:id:chi-sk8:20170824181225j:plain

f:id:chi-sk8:20170824181232j:plain

生ビールも注文できますので、天気の良い日は外のドラム缶のテーブルで飲み食いするのもいいですね♪

 

頂上山荘のお兄さんに夏道のことをお聞きしたら、頂上山荘から宝剣山荘へ戻る方が怖くないそうです。

 

頂上山荘~西駒方面分岐

頂上山荘から木曽駒に直登するのではなく、右に迂回します。

f:id:chi-sk8:20170824180409j:plain

 

馬の背や、遭難記念碑、将棊ノ頭方面の分岐まで15分程。

普段見えない伊那前の稜線を右手に見て、眼下に頂上山荘のテン場を見下ろしながら、ゆっくりお散歩コースです。

f:id:chi-sk8:20170824180634j:plain

 

ここは宮田村のシンボル「コマウスユキソウ」が咲いています。

f:id:chi-sk8:20170824181336j:plain

世界でもこの近辺にしか咲かない、モコモコした小さく可愛らしい花です。

人も少ないので、前後を気にせずゆっくりお花を見たり、写真を取ったりできるのも巻道の魅力ですね。

 

 

西駒方面分岐~木曽駒頂上

f:id:chi-sk8:20170824180647j:plain

 

今度は分岐を左に頂上に向かいます。

f:id:chi-sk8:20170824180504j:plain

 

所要時間は20分程

f:id:chi-sk8:20170824180712j:plain

 

道はゴツゴツしていますが、急登ではないのでキツくありません。

 

f:id:chi-sk8:20170824180801j:plain

 

ここでもお花を見つけながら

f:id:chi-sk8:20170824180700j:plain

 

最後の岩場を超えて、

f:id:chi-sk8:20170824180816j:plain

 

登頂です。

f:id:chi-sk8:20170824180843j:plain

 

北アからそのままこちらに来ましたが、今回のようなのんびりコースなので、全然疲れることもなく登ることができました。

 

さて、今回は巡礼登山でもありますので、お社へ

f:id:chi-sk8:20170824180853j:plain

 

f:id:chi-sk8:20170824180906j:plain

 

木曽駒頂上~頂上木曽小屋巻道~頂上山荘

さて、下山は頂上木曽小屋を経由した巻道で戻ります。

f:id:chi-sk8:20170824180940j:plain

所要時間は25分程でしょうか。

 

 

ここの魅力は、8月中旬でも運が良ければ高山植物の女王「コマクサ」が見られることです。

 

荒涼とした岩礫に咲くピンクの小花。

f:id:chi-sk8:20170824181032j:plain

 

もう枯れかかっていますが、5月から7月に見頃を迎えます。

 

この道も鼻歌でも歌いながら歩けるような心地よさ。

f:id:chi-sk8:20170824181058j:plain

 

そんな雰囲気に惑わされないよう、ここも落石注意です。

f:id:chi-sk8:20170824181131j:plain

 

慎重かつ迅速に通り抜けます。

f:id:chi-sk8:20170824181109j:plain

 

 

テン場に帰ってきました。

 

f:id:chi-sk8:20170824181206j:plain

 

普段と違う景色も見れますし、アップダウンも少なくて、新鮮な気持ちで楽しく登れました。

 

まとめ

夏道は崖のトラバースなので危険です。

他のルートも緩めではありますが、ここは登山道。十分気を付けなければいけません。

ガスって滑落したり、逆に広い道は視界不良になると方向を見失いやすいので注意です。

 

その後・・・

翌日8/18。一日雨のため、潔くもう一泊することにしました。

 

f:id:chi-sk8:20170824181416j:plain

 

カッパを着て下山することもできたのですが、夏休みももうすぐ終わってしまいます。

なので少しでも長く山にいたいな、と思いました。

 

雨の中、テントを担いで登ってくる人もそれなりにいます。

 

 

することがないと、ひたすらおやつを食べ、お昼寝、の繰り返しです。

 

f:id:chi-sk8:20170824181426j:plain

 

テントに当たる雨粒の音。

ベンチレーターから入ってくるガスはテント内を濡らします。

 

テント内の結露や雨の浸水はパックタオルで拭きます。

速乾で吸水性がすごいので、雨のテント泊や厳冬期の結露拭きに便利です。

 

 

 

テントとフライの間に迷い込んだハナアブも、一緒に雨宿りします。

 暇だ。

でもこれが山にいるということ。

五感で楽しみます。

 

時折雷が鳴ります。

ピカッと光ったら、1、2、3、4、ゴロゴロー。

まだ遠い。大丈夫。

自然の都合でしか人間は動けないんだなぁ、なんて考えていたら夜がやってきました。

f:id:chi-sk8:20170824181444j:plain

 

 

8/19 早朝。そっとシュラフを抜け出し、一昨日の西駒方面分岐の道に。

雲の向こうから朝日が透けています。。

まだ晴れていないガスの中の登山道はふわふわ明るくて、この時間帯もなかなか良いなと思います。

f:id:chi-sk8:20170824181518j:plain

 

風が強くなり、ガスの流れが見えるようになると、そろそろかな?

夜明けの頃、天候が回復する瞬間が好きです。

まさに雲散霧消。

f:id:chi-sk8:20170824181508j:plain

一気にガスが捌けると、ハイマツの緑、花崗岩の灰色、青い空が目に飛び込んできました。

 まるで濁った憂いが溶けて流れ去るようです。

今年の夏休みもずっと山にいられたことを感謝して、下山します。

f:id:chi-sk8:20170824181634j:plain

 

中岳経由で、お社に立ち寄ります。

f:id:chi-sk8:20170824181604j:plain

 

 下界は晴れている様子。

f:id:chi-sk8:20170824181651j:plain

 

すると千畳敷から宝剣山荘のお姉さんと力持ちのお兄さんが、歩荷で登ってきます。

ご挨拶すると、昨夜怪我をしてしまった登山者を送ってきたそうです。

救助要請にならずよかったと安心された表情でした。

 

それにしても、一晩怪我人に付き添い、下山に付き添い、帰りはまた歩荷!

頂上山荘のお兄さんも朝一で歩荷。さらに「もう一回行かなきゃ」と爽やかな笑顔。

小屋のスタッフさんは本当に凄い!

 私も頑張らなきゃ、といつも元気をもらいます。

 

 

お花も満開。今日もたくさんの登山者がいます。

帰りたくないなぁ。

笑顔と寂しさが交差する千畳敷。

f:id:chi-sk8:20170824181740j:plain

 

来てよかった! 

おいでなんしょ、木曽駒ヶ岳。

 

 

f:id:chi-sk8:20170824181746j:plain

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加